本文へスキップします。

Search 検索
  • 標準
  • 拡大
H1

「C-SCAT®」 CGS含む熱源システムのエネルギーマネジメントシステム

コンテンツ

(CGS system Smart Command for Air-conditioning of TONETS )

  • 9,農業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11,住み続けられるまちづくりを
  • 13,気候変動に具体的な対策を

C-SCAT®とは?

C-SCAT®は、冷温熱源・給湯まで含めて排熱を有効利用するとともに、メンテナンス費まで含めた包括的なCGSの最適運転を行う、 ”省エネルギー” と “ライフサイクルコスト”を追求したコントローラです。(東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社様と共同特許出願中)

C-SCAT®とはの図

C-SCAT®の機能

  • 運転実績から負荷予測
  • CGS年間運転時間予測
  • 受電電力と負荷の両方からCGS運転を決定
  • CGS運転に合わせ熱源運転順位を変更
  • システム全体の見える化
  • CGSの廃熱利用率向上
  • CGSのメンテナンスコスト抑制
  • システム全体で省エネルギー・省コスト確保
  • コミッショニングによる最適運転確認

CGS(コージェネレーションシステム)とは?

CGSとは、ガスや軽油・重油を燃料として電力を作り出すとともに、その際に発生する熱を冷房・暖房・給湯などに利用するシステムです。

CGS(コージェネレーションシステム)の図1

メリット

  • 発電時に発生する排熱を有効利用することで省エネルギー
  • ピーク時に稼働させ電力平準化
  • 電源を多重化することでBCP強化

課題

スケジュール発停+電主熱従運転が一般的で、排熱利用先の熱源システムとも連携が取れていない例も多く、更なる省エネルギー・省コストの余地があります。

CGS(コージェネレーションシステム)の図2

CGS(コージェネレーションシステム)の図3

※BCP(Business Continuity Plan):自然災害やテロなどの危機的状況下でも、損害を最小減に抑え業務継続を図るための計画

C-SCAT®の効果 -中規模病院モデルでの試算結果ー

C-SCAT®の効果の図

※C-SCAT®導入効果は用途・システム・負荷形態などにより異なります

関連技術

こちらの技術に関するパンフレット・お問い合わせ