本文へスキップします。

H1

基幹技能者奨励金制度・東熱マイスター制度

基幹技能者奨励金制度・東熱マイスター制度

平成28年4月1日より基幹技能者奨励金制度・東熱マイスター制度施行

基幹技能者奨励金制度

 平成7年、国土交通省は、「建設産業政策大綱」において、3つの基本目標の1つとして

「技術(元請の技術者)と技能(専門工事業の作業員)に
優れた人材が生涯を託せる産業づくり」

を謳い、技術者と作業者の中間にある基幹的技能者の重点的な確保・育成を提言しています。
 当社としては、基幹技能者制度が普及・定着することで、建設生産物の品質の確保が図られるとともに、優秀な技能労働者が適切に評価・処遇され、誇りを持って仕事ができる環境を目指すため、基幹技能者に基幹技能者手当を支給することと致しました。

1. 基幹技能者手当
 基幹技能者が、当社現場に現入した場合に限り、基幹技能者の所属会社との請負とは別に日額\1,000を支給致します。

2. 認定要件
  下記書類の確認を以って認定いたします。
         1) 基幹技能者講習修了証のコピー
         2) 社会保険の加入を証明するもののコピー
         3) 1次協力会社が基幹技能者登録書を記載し、東熱マイスター運営委員会に提出する。
         4) 1次協力会社は、基幹技能者講習の有効期限が過ぎた場合、基幹技能者変更届を記載し、
             新しい講習修了証のコピーと一緒に、東熱マイスター運営委員会に提出する。

3. 支払方法
        1) 基幹技能者が請求書を現場代理人に提出する。
        2) 支払は、契約工期終了時まとめて支払う。但し、期をまたぐ場合は、3月末締めで処理を行なう。
        3) 基幹技能者の出退勤は、現場代理人の捺印により確認する。

東熱マイスター制度

    1. 目的
        当社施工物件で職長として優れた技能で品質確保に貢献し、後輩にも指導を行うなど技能伝承に努めた者をマイスターとして認証し、職長を讃えると伴に技能伝承を含め継続的な品質向上を目指すことを目的とする。
    2. 運営規約
        運営規約は、「東熱マイスター制度運営規約」を別に定める。
    3. 認定要件
      下記要件に該当する者を、審査のうえ東熱マイスターに認定する。
          1) 該当業種の5年以上の実務経験と3年以上の職長経験を有する者。
          2) 同じ会社に5年以上所属する者。
          3) 満65歳以下である者。(新規登録時)
          4)社会保険加入を証明するものを確認できる者。
    4. 認定手順概要
      下記手順により認定する。
          1) 現場代理人が事業部店長に推薦し、東熱マイスターに認定される。
          2) スーパーマイスターは、事業部店長が推薦し、生産管理本部で確認する。
          3) その他詳細は、「東熱マイスター制度運営規約」による。
    5. マイスター手当
      マイスター認定者(又は所属会社)には、マイスター手当が支払われる。
       マイスター : 日額\1,000
       スーパーマイスター : 日額\2,000
    6. 支払方法
      1) マイスター認定者(又は所属会社)が請求書を現場代理人に提出する。
          2) 支払は、毎月月末締切で翌月支払うことを基準とする。但しマイスター認定者(又は所属会社)
    の希望により契約工期終了時まとめて支払も可とする。(※期をまたぐ場合は3月末締めで処理
    を行なう。)
        3) マイスター認定者の出勤は、現場代理人が確認する。

リーフレット(PDF)のダウンロードはこちら


【全】sideMenu