本文へスキップします。

H1

ニュース

ニュース
2017年03月

「コミッショニングの展開」をプレス発表

 当社は熱源・空調設備の計測診断業務として東京都中央区京橋の東熱ビル本社内『京橋AEMSセンター』を拠点として『AEMS(Area Energy Management System)サービス』を展開してきた。これは、通信回線を使って遠隔の設備の運転データを取得して、施設単体並びに複数施設をグループ化し面的に性能確認、運用改善、省エネ改善などを長期あるいは短期の運転サポートのなかで実施していくシステムで、この手法は当社が長年培ってきた省エネ診断技術をもとにNEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)との共同研究事業によって2007年までに開発してきたもので、短期計測も含めてこれまでに約200件の計測診断業務を展開してきた。

 この中では計測機能を持たないエネルギー消費実態が不明の建物においても、仮設の計測器を設置しての実態把握、そしてそれに基づく運用改善や改修工事提案によってランニングコストの低減、省エネ化、省CO化を図ってきた。

 そこでこのほど、そのスキームをもとに下記業務をコミッショニングと位置付けて展開していくこととした。

①自社受注物件の初期性能確認および運用段階での性能検証を行い、所期性能を実現する。

②稼働物件の計測診断並びにエネルギー管理をサポートし、ランニングコスト、CO2低減のための運用改善提案(適正運転、高効率運転の提案)、省エネルギー化工事の提案を行う。

③設計、施工、運用の相談に応じて、改善提案、改修提案、改修工事計画をサポートするコンサルティングを行う。

④設計・施工会社の枠にとらわれず、企画、設計、施工、受渡し、運用の各段階において第三者性をもってそれぞれの検証を行う。

 これらの業務は専門化された部署が中心となって実施し、お客様との関係を深め関連工事の受注拡大を図っていく。

 

問い合わせ先

東洋熱工業株式会社 技術統轄本部エネルギーソリューショングループ

グループリーダー 柳原 茂 電話03-5250-4101

Email:syanagihara@tonets.co.jp


 
【全】sideMenu