本文へスキップします。

H1

ニュース

ニュース
2006年04月

企業年金制度を「確定給付企業年金」に移行

企業年金制度を「確定給付企業年金」に移行

2006年4月1日付で、企業年金制度を「適格年金制度」から「確定給付企業年金制度」に移行した。確定給付企業年金は、2002年の確定給付企業年金法施行により創設された新しい企業年金制度で、当社は当制度の中の「キャッシュバランスプラン」を選択した。 これまでの適格年金制度と比較すると、確定給付企業年金制度は受給権の保護を図り、且つ、企業の果たすべき責任がより明確化されている。企業と従業員にとって、将来にわたり維持できる新しい企業年金制度として、「確定給付企業年金」を導入した。

【全】sideMenu