本文へスキップします。

H1

ニュース

ニュース
2010年02月

「冷温水システムの冷温熱源機出力分配制御方法」で特許を取得

「冷温水システムの冷温熱源機出力分配制御方法」で特許を取得

 「冷温水システムの冷温熱源機出力分配制御方法」が2010年1月8日付けで特許を取得しました(特許第4435651号)。
 部分負荷運転での飛躍的な性能向上を実現したインバータ冷凍機が注目されています。「熱源機は負荷率100%で運転することが最も効率がよい」とされてきた常識が変わり、冷却水温度が低い場合には部分負荷運転のほうが負荷率100%運転よりも高効率な運転が期待できます。本特許は、ターボ冷凍機や冷温水発生機など種類や容量が違う複数の熱源機器で構成されている熱源システムにおいて、その運転順序や冷凍機運転台数、冷凍機負荷分配などを、熱源システムとして最高のCOPが得られるように運転制御するものです。

【全】sideMenu