本文へスキップします。

H1

ニュース

ニュース
2010年05月

熱源トータル最適制御コントローラ(E-SCAT)が第48回空衛工学会賞技術賞を受賞

熱源トータル最適制御コントローラ(E-SCAT)が 第48回空気調和衛生工学会技術賞(開発部門)を受賞

 熱源トータル最適制御コントローラ(E-SCAT)の受賞は、本コントローラが汎用性の他、熱源の最適設計解析手法、システム導入の事前検討用各種ツール、最適運転実施のための各種アルゴリズムならびに遠方監視システム等を具備していることが認められたものです。E-SCATは、実効ある省エネルギーの推進のために開発されたコントローラであり、既に某半導体関連工場などの物件で世界最高レベルの熱源総合効率(システムCOP=8.0)を達成しています。
 E-SCATには標準仕様として下記の制御機能が組み込まれていますが、予算あるいは用途に応じて部分的な採用も可能です。また、システム導入後の省エネ最適性をフォローするためのVPN(Virtual Private Network)を利用した「遠隔監視」が可能です。

【E-SCATの制御機能】
1.冷却水最適制御(冷却水量と冷却水温度の最適制御)
2.出力分配・運転台数最適制御(熱源効率を最大にする冷凍機運転台数制御)
3.冷温水最適制御(冷温水ポンプ動力を最少にする制御)
4.廃熱回収最適制御(冷水と温水が同時に発生する場合の熱回収制御)
5.フリークーリング最適制御(冬期や中間期に冷凍機を使わず冷却塔のみで冷房する制御で、自動化された自
  然エネルギー活用システム)
6.蓄熱最適制御(蓄熱システムの熱源効率を最大にする制御)
【全】sideMenu