本文へスキップします。

h1

内訳CSVファイル要件

内訳CSVファイル要件

e-BIS 内訳CSVファイル取込に用いるCSVファイルの要件をを記します。

  1. 注文書により契約が締結している案件の請求には利用できない
  2. 1行目はヘッダ行で2行目以降をデータとする
  3. カンマやダブルクォートを含む値はダブルクォート「"」で囲む
  4. 文字コードはShift_JISとする
  5. 改行コードは<CR><LF>
  6. 区切り文字はカンマ「,」とする
  7. 請求書仮番号、内訳行番号の昇順とする
  8. 請求仮番号単位に今回請求額(税抜き)が請求額(税抜き)の合計と等しいこと
  9. 添付ファイルの添付は行えない
  10. CSVファイルの項目は次の表の通り
  11. 項目区分「M」は請求仮番号毎に各行の値を一致されてください。
項目区分 項目名 説明
1 M 請求書仮番号 CSVファイル内での連番1~最大200まで
2 S 内訳行番号 請求書仮番号内の連番1~最大100まで
3 M 現場CD 現場CDは「-」なしで11文字、「-」ありで13文字
4 M 現場名 現場名は全角50文字、半角100文字以内
5 M 工事内容・品名 工事内容・品名は全角25文字、半角50文字以内 
6 M 請求先担当者・E-Mailアドレス E-Mailアドレスは100文字以内で入力
7 M 請求担当者ユーザCD 請求担当者ユーザCDは半角4文字以上、20文字以内
8 M 消費税率 消費税率は整数部2桁、小数部2桁以内
9 M 今回請求額(税抜き) 今回請求額は10文字以内、14.請求額(税抜き)の請求仮番号単位の合計
10 M 消費税額 消費税額は10文字以内、9.今回請求額(税抜き)の消費税金額
11 M 備考 備考は全角10文字、半角25文字以内
12 S 内訳・納入年月日 納入年月日は”yyyy/mm/dd”形式、”yyyy/m/d”形式
13 S 内訳・品名 品名は全角25文字、半角50文字以内
14 S 内訳・請求額(税抜き) 請求額は10文字以内
行番 サンプルデータ 
1 請求書仮番号,内訳行番号,現場CD,現場名,工事内容・品名,請求先担当者・E-Mailアドレス,請求担当者ユーザID,消費税率,今回請求額,消費税額,備考,納入年月日,品名,請求額
2 1,1,10806044000,赤坂ビル,PC0001,bhoge@tonets.co.jp,62216028,5,4200,210,,2013/07/31,NEC製PC,4200
3 2,1,10806002000,新宿病院,PC0002,bhoge@tonets.co.jp,62216028,5,7000,350,契AC54101,2013/07/31,日立製CRT,3000
4 2,2,10806002000,新宿病院,PC0003,bhoge@tonets.co.jp,62216028,5,7000,350,,2013/07/31,パナ製PC,4000 
【全】sideMenu